git pushでfatal: No configured push destination.と言われたときの対処方法

GitHub

GitHubを利用していて開発マシンを新しくしたときなどは、自分のGitHubリポジトリからgit pullして開発を継続すると思います。

問題となったのは開発が一段落ついたので git pushするときでした。自分の場合は

  • git status
  • git add <変更したファイル名>
  • git commit -m ‘update<ここは任意>’
  • git push

最後のgit pushでfatal: No configured push destination.と言われ先に進めませんでした。

その後のメッセージで git remote add <name> <url> しなさいと言われましたが <name>と<url>に何を入れたらいいのかわからないので、調べてところ解決したのでここに記事として載せます。

<name>は一般的にはorginです。

<url>はgit pull したときのURL。詳しくは自分のGitHubのリポジトリをブラウザで見たときに右上に緑色の Clone or download というボタンがあると思います。そのボタンをクリックしたときに表示されるのがURLです。

  • git remote add orgin <url>
  • git push –set-upstream orgin master

そうするとGitHubのユーザ名とパスワードを聞かれるので順に答えていると問題なく git push できるでしょう。

コメント