WordPressのインストール後に行うこと。 – FTPによるバックアップ –

WordPress

このブログはwpXクラウドを利用して運用しています。wpXクラウドはMySQLデータベースのデータを1日1回、自動でバックアップしてくれています。バックアップ時間は深夜から早朝にかけて行っているようです。サーバの障害などで前日の状態に戻したいときは、このデータを使うと良いでしょう。

WordPressをカスタマイズするとき、例えばWordPress設定ファイルの「wp-config.php」を編集するときにはFTPを使って手動でバックアップしておくと安心です。カスタマイズ作業前にFTPでサーバのデータを取得しておきます。カスタマイズ作業で失敗してダッシュボードすら表示できなくなったときは、取得したデータで元に戻してあげると作業前の状態に復旧できます。

FTPでバックアップするための環境を整備する手順を以下にまとめます。

  • wpx管理パネル→サーバ管理→WordPress設定→FTP設定→FTPアカウント設定でFTPを利用できるようにします。WordPressインストール先直下の全てのファイル・フォルダにアクセスすることができるようになります。
  • FTPクライアントソフトをインストールして接続先ホスト、接続ID(ユーザ名)などの設定を行います。私はUbuntuを使用しているのでFTPクライアントソフトとしてFileZillaを使うことにしました。端末を起動してsudo apt install filezilla でインストールすることができます。
  • FileZillaを起動します。データを保存するディレクトリを決めてローカルサイトに設定します。私は/home/<ログインディレクトリ>/ダウンロード/WordPressBackup を作成し設定しました。
  • ホスト、ユーザ名、パスワードにwpx管理のFTPアカウント設定の値を設定します。
  • クイック接続ボタンをクリックします。不明な証明書というアラートが表示されますが、OKボタンで続行します。「ディレクトリ一覧の表示成功 “/”」が表示されれば接続成功です。
  • 接続成功した状態をFileZillaのサイトマネージャに保存します。メニューからファイル -> 現在の接続をサイトマネージャにコピーをクリックします。
  • FileZillaの「転送」メニューから「転送したファイルのタイムスタンプを維持」にチェックを入れます。これはサーバのデータとローカルのデータの最終更新日時を同じにするためです。
  • FileZillaの右側のリモートサイトからバックアップするディレクトリやファイルを選択して右クリックでダウンロードします。私は全てのディレクトリとファイルを選択してダウンロードしました。

以上でFTPでバックアップする環境が整備されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました